FX口座で一番のオススメはXMです!

FXについて

FX口座「XM」を本気で推奨する理由

FXを始めようと思った時に、どこの証券会社がいいのか?って迷うと思います。私自身も最初は、どこに口座開設をしたらいいのかとっても悩みました。

ですが、結論から申し上げるとXMが一番使い勝手がいいと思いますので、ご紹介します。

XMでは、MT4がしっかりと使える

トレードをする上で欠かせないソフト・ツールがMT4です。経験値からいうとほぼ海外の証券会社は、MT4が使えます。でも、あまりMT4を押していない会社もあったりします。その理由は、証券会社が自身で作ったトレードソフトを使ってくださいというスタイルだったり、MT4を開発した会社(MetaQuotes社)がバージョンアップしたMT5を一押ししているなどですが、MT4の操作性は、MT5を上回ると思います。

世界中の会社でMT4は使われているけど

MT4は、その使いやすさにおいては圧倒的です。そして、世界中の証券会社でも使われています。

XMは、トレード会社の中でトップクラスの取引量があるのです。これは、透明性が高いということを意味しています。他社が透明性が低いと言っているわけではなく、XMの信頼度が世界中で抜群に高いということです。

日本では・・・

日本でもMT4に対応している会社はあります。ところがいわゆる大手の会社で使っているのは、楽天証券ぐらいでしょうか。CMで有名なCMM証券でさえ使えないのです。

不思議だと思いませんか?不思議ですよね?

そのことについてちょっと調べてみました。すると意外なことがわかります。

MT4に対応している国内FX会社が増えていると言っても、その数は全体に比べるとごくわずかです。海外FX会社ではMT4以外のプラットフォームを導入しているところが少ないことを考えると、国内のMT4の普及率の低さは異常とも言えます。国内でMT4の普及が進まないのは、海外FXと国内FXでは取引の仕組みが根本的に異なることが理由です。

海外のFX証券会社は、トレーダーの注文を海外FX会社が受けて、そのままインターバンク市場に注文を流していくのです。したがって、透明性が高く、海外FX会社の利益はトレーダーのスプレッドが中心です。

 

国内FX証券会社は、トレーダーの注文をインターバンクに流さず取引を行います。相対取引とも言われているのですが、トレーダーが取引で出した損失は見かけ上の損失であり、その損失分を国内FX証券会社が利益源にするわけです。一方、トレーダーが取引で出した利益は見かけ上の利益であり、その利益分を国内FX会社が負担します。

要するに、国内のFX証券会社は、トレーダーが利益を出すと自社でその利益を負担しなければならず、トレーダーが勝つと会社に利益が出ないというちょっと変わった形態なのです。

XMでは、初期資金が少なくてもトレードができる

XMでは、初期資金が5000円でもトレードができます。もちろん、かなりの少額ですから、取引量は少なくなりますが、初期の段階で、「デモ口座では気合が入らない」というような方にはまさにうってつけです。

私自身、DMMでも口座を開設して運用しているのですが、最低投入資金は、確か5万円だったと記憶しています。(口座を開設して10万円ぐらい資金を入れていますが、MT4が使えないのでログインさえしておりません。)

まずは、XMでデモ口座開設をしましょう

XMはこちら

上記の動画でも開設している通り、簡単ですよね。リアル口座の開設には、身分証明証のコピーを送ったりする必要がありますが、デモ口座の場合は、必要ありません。

トレードに慣れるまでは、デモ口座を使って練習していくのがやはりオススメです。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。