FXで負けてしまう原因は何か?

コラム

ダウンロードはこちら

FXトレードにおけるマインドの重要性

トレードでとても大事なこと、それは

・テクニカル分析
・資金管理
・マインド

です。

トレードにおける3大要素完成のイメージ

これら3つの要素のどれかが欠けても、トレードパフォーマンスは向上しません。テクニカル分析だけを重視してもいけませんし、これら3つがバランスよく、形のいい三角形になるように心掛けてください。

負けてしまう要因

1、自分本位でトレードをしてしまう
2、エントリーポイントを待てない
3、資金管理がそもそもできていない
4、インプットが正しくない
5、アウトプットができていない
6、トレードに取り組む姿勢がわかっていない

負けてしまうイメージ

1、自分本位でトレードをしてしまう

トレードは、多角的な視野を持って分析しないと優位性を判断することはできません。ですが、負けてしまう人は、多角的な視野を持って分析をしないのです。

今の値動きをみて、上昇したらいいな、という偏った分析をしてしまうので、自分の思いだけでエントリーしてしまう傾向がとても強いです。

さらに言えば、チャートの分析は、フラットな姿勢や気持ちがないとできないとわかっているのに、自分の都合だけを考えてエントリーしてしまうのです。

これでは勝てません。チャートを分析して、チャートの優位性を判断して、稼がせてもらっているのです。自分でチャートはコントロールできないのです。

2、エントリーポイントを待てない

私がオススメするトレードスタイル”スイング”は、そもそもエントリーポイントが頻発するわけではありません。

だからと言って、エントリーポインがないわけじゃないんですが、その”絶好のエントリーポイント”まで、待てずに、”こうなればいいな”という自分本位のエントリーをしてしまうので、勝てないのです。

そもそもチャートをテクニカル分析するのは、エントリーポイントを探すことが目的ではありません。

テクニカル分析は、チャートのシナリオを描画することが目的です。

今の波はこうだから、ここをブレイクしたらリターン水準でエントリーしよう

という具合に、まずは、シナリオを描くことが何より大切なのです。シナリオ描画をしないでエントリーすることを感情的なエントリーと言います。感情的なエントリーでは勝てるはずがありません。

3、資金管理がそもそもできていない

トレードにおいて、何が一番重要なのか?と問われれば、やはり”資金管理”でしょう。

資金管理については、別記事にまとめますが、資金管理の中でも、損切りポイントの設定も重要です。

トレードは、どんなに上級者でも100%勝てるわけではないのです。上級者レベルのトレーダーでも2割は負け(撤退)トレードです。

勝てないトレーダーは、勝つイメージしか持っていないし、負けを受け入れることを拒絶してしまう傾向が強いです。勝つイメージしか持っていないので、負けのイメージを持つことができず、負けてしまうとそのたったの1回のトレードで、自分はダメだと思い込む。

少し冷静になって考えればわかるのですが、トレードは、勝率5割でも資金が雪だるま式に膨れ上がります。トータルで考えることができずに一喜一憂してしまう。これでは、勝てるトレーダーになることは難しいです。

4、インプットが正しくない

トレードは、素直に学ぶ姿勢を持って淡々と実践すれば、あっという間に大きな利益を出すことができます。

ですが、素直に学ぶことができない場合は、当然ながら思うような結果を残すことができません。

インプットは、正しく、素直に、一本で学ぶ必要があります。

何かの教材で学んでいるなら、その他の情報は一切遮断するべきでしょう。上級者レベルになってくれば、様々な著書や教材でさらに知識を増やすこともいいと思いますが、まだまだ初級〜中級レベルでは、それらはいいことではありません。

なんでも同じですよね。例えば、何かのスポーツに取り組んでいて、二人コーチがいた時に、そのコーチが同じ理論で教えるのと、二人のコーチがそれぞれの別の理論で教えると選手は迷いますよね?これはトレードも同じです。

5、アウトプットができていない

アウトプットができていないとトレードも成果を残すことが難しいです。

トレードにおけるアウトプットは、ひたすら”シナリオを描くこと”です。シナリオを描くことは、エントリーすることではありません。シナリオを描いて、エントリーポイントに値動きが来て、はじめてエントリーです。

また、テクニカル分析でラインを引きますが、”意図を持ったライン”を引く必要があります。”引けてしまっているライン”では、値動きの”意識”を捉えることはできません。

また、私は、トレード日記を書くように強くオススメしています。できれば、ブログがいいです。ブログは、他者に伝わるコトバを使いますから、さらに理解が深まります。

6、トレードに取り組む姿勢がわかっていない

トレードは、本気でちょっと頑張れば、他のビジネスモデルに比べて圧倒的に再現性が高いです。本当にちょっとの本気でいいのです。

なかなかトレードパフォーマンスがあがらない方で、多い言葉があります。

・わからない・・・
・無理・・・
・難しい・・・

これらのコトバを平気で使ってしまうのです。

もちろん、最初は誰もが何もわかりません。でも、本気で学ぶなら、

・わからない→わかるまで徹底的に学ぶ
・無理→できるまで徹底的にやる
・難しい→簡単に思えるまで徹底的にやる

このように思考を切り替えれば、何も問題がありません。

ただ、わからないとか、無理だとか、難しいとか言ってしまうと、人の脳は、それらのコトバをいとも簡単に受け入れてしまいます。

コトバは、言霊なのです。もちろん、わからないこともあるでしょう。でも、その時に、なんでわからないのかということの原因を究明する癖をつけてください。

わからないとか言っているうちは、トレードどころか、何にチャレンジしても目標はクリアできないでしょう。

まとめ

トレードは、一般的なビジネスとは違って、コミュニケーションを他者と取る必要がありません。

全て自己完結します。自己責任です。

だからこそ、大きく利益を叩き出すことが可能なのです。自分の稼ぎたい”目標”に向かって、コツコツと取り組んでいけば、ほぼ間違いなく、その目標はクリアできます。

仮に、月利で20万円とか30万円とか、この程度の数字なら、普通にいけます。数千万円とか、億とかになってくると難しいかもしれませんが、コツコツと積み重ねていけば、あなたの未来は大きく変わるはずです。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。