FXで負けないための資金管理

FXについて

ダウンロードはこちら

FXで普通に安定したパフォーマンスを出すためには、とても重要な要素があります。

それは、

・テクニカル分析
・資金管理
・トレードに取り組む姿勢

です。

テクニカル分析については、このブログのテーマでもありますので、今後も記事を重ねていきますが、今日の記事で取り上げるのは、資金管理です。

資金管理とは

FXトレードにおいて、資金管理はとても大切です。上記にあげた三つが同等に大事なのですが、何か一つと問われれば、資金管理が一番だと思います。

とても繊細ではあるのですが、この資金管理が出来ると出来ないでは、トレードパフォーマンスの向上は、望めませんし、逆に、ここをしっかりと抑えておけば、大きな損失を被ることなく、トレードを実践できます。

資金管理の基礎

様々な局面でエントリーをしますが、そのエントリーの根拠は、ポジティブなイメージを持ったものになります。

これは、当たり前で、エントリーする時には、どこまで利益を伸ばすことが出来るか?ということに重きをおいて、エントリーするからです。

例えば、以下のチャートでは、赤丸印の水準でエントリーするなら、青丸印水準まで利益を伸ばそうとシナリオを描き、イメージするからです。

GBPUSDチャート図

ですが、シナリオがイメージ通りに行くときもあれば、トレードに絶対はありませんから、イメージとは逆に値動きが推移してしまうこともあるのです。

要は、プラスのイメージだけではなく、マイナスのイメージも持っておくことが必要だということになります。

保有資金の2%を損失

一概には、言えませんが、保有資金の2%は、損切りを許容しておくことが重要です。

許容するということですから、値動きが逆行しても、損失を2%に抑える、その2%は、機械的に、損失を受け入れるということです。

もちろん、動画の中でもお話をしておりますが、機械的に損失をする他にも、値動きが逆行してしまった時に、反発のポイントを見定めておき、そこでもう一つポジションを入れます。

すると、逆行したポジションは含み損になりますが、もう一つの水準のポジションでは、反発を狙って取っていますから、含み益がでる。その時に、二つのポジションを相殺すると微損で撤退することができ、うまく行くとややプラスで、そのトレードを終わらせることが可能です。

勝率5割でもOK

世間ではあまりFXに対する印象はよくないかもしれません。そのよくない理由は、ここでは割愛しますが、多くの方が誤解していることがあります。

それは、勝率5割でも資金は雪だるま式に膨らむ、ということです。

私自身、トレードに取り組み始めた頃、知人から、”FXは5割は負けるらしいよ、危ないよ”とアドバイスをいただきました。その知人は、誰かから聞いたのでしょうが、5割負けるということは、5割勝てるということです。

リスクリワードを1;2、1;3で設定してトレードをしていると、以下のような計算が成り立ちます。

リスクリワード1;2の場合

10回トレードをした時に、勝率5割ですから、負けは5回ですよね。その場合、1回のトレードでリスクを”1”にしていますから、負けのトータルは、”5”です。

逆に、10回のトレードで勝率5割ですから、勝ちは5回ですよね。1回のトレードでリワード(利益)を”2”にしていますから、勝ちのトータルは、”10”です。

”10”から”5”を引くと(10-5=5)、利益は”5”です。

この10回のトレードを1ヶ月で行なった場合、利益は、”5”になるわけです。

これを利益金額で考えてみると、ざっくりですが、

勝ちトレードの利益=10万円、負けトレードの損失=5万円、トータル利益は、5万円です。

この程度のパフォーマンスは、しっかりとテクニカル分析を学んで入れば、普通以下のパフォーマンスです。

トータルで考えればいいので、一喜一憂しない

トレードに負けは、つきものです。そして、負けトレードを経験することで、勝ちトレードでは、得ることができない”経験”が身につきます。

勝負って、全部勝つことができれば、それはそれで素晴らしいことですが、FXの世界はそんなに甘いものじゃありません。

ガンガン利益を出し続けている上級者でさえ、8割の勝率だと言われていますが、それでもとんでもない”結果”が生まれているのです。

1日単位では、負けということもあると思います。もっと言えば、1ヶ月で考えてもマイナスで終わるということもあるかもしれません。ですが、少し長いスパンで考えるとしっかりと利益を生み出せているはずです。

私の場合ですが、2019年5月は、トータルマイナスでした。しかし、翌月には、そのマイナスを十分カバーできるだけの利益を獲得しています。

一喜一憂しない

なくなってもいい資金を用意する

お金に、なくなってもいい、捨ててもいい、というものはありません。でも、トレードに取り組み始めると最初は、誰もがうまくいかず、少なからず、資金を溶かします。

ですので、初期の段階での資金は、なくなってもいいお金で取り組むといいです。動画の中でも話をさせていただいておりますが、不用品の販売などをして、初期資金を作るというのも必要なことだと思います。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。