FXで必要な初期資金はいくらなのか?

FXについて

FXはいくらから始めることができるのか?

FXを始めるときに、真っ先に気になること、それは、初期資金です。

人は様々な環境があり、全く同じ経済状況という人は、いません。ですから、初期資金も用意できる資金が人それぞれ変わります。

デモ口座がある

意外と知られていないのですが、FXには、デモ口座というものがあります。デモ口座は、リアルな資金を必要としませんから、チャートに慣れる、テクニカル分析の練習には、最適です。

というのも、デモ口座は、資金が”仮想”というだけで、他の条件は、リアルトレードと何一つ変わらないからです。

デモ口座イメージ

リアル口座を解説するときの具体的な資金量の目安

私が推奨しているのは、初期資金に、20〜30万円ぐらいでしょうか。これには理由があって、実際にトレードをすると証券会社の手数料も含まれるのですが、一旦、マイナスからスタートします。

さらに、しっかりと値動きのシナリオを描いたとしても、値動きが自分のシナリオとは違って逆行してしまうこともあるのです。

逆行してしまうときに、資金量が少ないと耐えられなくなり、シナリオに近い動きを見せていても、損切りされてしまうことがあるからです。

3〜5万円では無理なのか?

推奨している金額は、20〜30万円ですが、この金額じゃなけければ絶対にダメということはありません。

事実、私は過去に実験的に、初期資金3万円で開設した口座があるのですが、1ヶ月で28万円ぐらいに増えました。

ただ、資金が少ないので、小さな”勝ち”を積み重ねたのは事実です。

オススメするFX会社は5千円から始めることができる

私がオススメする証券会社XMは、5千円程度からリアルトレードを実践できます。もちろん、最初は、ロット数を落として安全運転でいかないといけませんが、これほどの少額でも始められるのがFXの魅力の一つです。

少額の資金で始めるとわかるのですが、少額だと”保有資金に対しての取引量”が少なくなるので、1ロットとか、0.5ロットでの勝負ができません。0.01ロットとか、0.02ロットぐらいのイメージです。

少額から始めることができるがあまりオススメしない理由

前述した通り、少額から始められるFXですが、あまりにも少額でのトレードはオススメしません。

というのも、取引量が少ないので、大きく勝っても、得られる利益が、1000円未満とかの数字になるからです。

もちろん、これでもいいのですが、一生懸命にテクニカル分析をして、シナリオ通りに値動きがあり、勝てたとしても、勝ったという実感がわかないのです。逆に虚しささえ覚えてしまうものです。

溶けてもいいお金を用意する

誰もがなくなってもいいというお金なんてないでしょう。でも、ここはとても重要です。

というのも、最初は、誰もが資金を溶かす、劇的に減らすという経験をします。なので、余剰資金を用意して欲しいという意味です。

生活費の中から工面して、初期資金を用意したりすると、それがなくなってしまったら悲劇ですよね。

資金を作る

今の生活水準をキープしながら、資金を用意することをオススメします。

例えば、1ヶ月の世帯収入が30万円だとします。このときに、その30万円から、初期資金を流用するのは、やめましょうということです。

私の場合ですが、初期資金は、広告費に使おうと思っていた資金が残ってしまったので、それを資金にしましたが、オンライン講座メンバーさんの中には、ヤフオクやメルカリなどで、不用品販売して、20万円ぐらい作った方もおられます。

また別のメンバーさんは、何かあったときのために用意していた”眠っているお金”の3割ぐらいを夫婦で相談して用意した方もおられます。

なんでも同じですが、無理はダメです。とはいえ、そこそこの資金を用意することで、FXに取り組む姿勢がより真剣になりますし、より繊細になります。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。