レジサポラインってなんだ?FX初心者にわかりやすく解説!

ライン

私たちトレーダーは、当たり前のように、”レジサポ”という言葉を使います。例えば、レジサポラインを引いて、水準の切り替わりを捉える、とかですね。

そもそもレジサポとは、”レジスタンス”と”サポート”が同じ水準でチャート内にできたときに使う言葉です。

また、レジサポには、明確な約束事がないので、トレーダーにより、引くラインは様々です。

レジスタンス

一定の角度(斜めの世界と水平の世界)で、チャートのローソク足が抑えられている水準を言う。高値がなかなか更新できない水準。

下降トレンドラインも、そのラインは、レジスタンスの意識があります。

レジサポラインイメージ1

サポート

一定の角度(斜めの世界と水平の世界)で、チャートのローソク足が支えられている水準を言う。安値がなかなか更新できない水準。

上昇トレンドラインも、サポートの意識があります。

レジサポラインのイメージ2

高値切り上げラインや安値切り下げライン

高値の切り上げラインや安値の切り下げラインを引き、レジスタンスとサポートの意識を確認する場合もあります。下のチャートは、当初、安値の切り下げの意識(サポート)があり、その後、高値を更新できず(レジスタンス)、値動きが下落に向かっている。

レジサポラインのイメージ3

こちらのチャートは、局所的にレジサポラインを引いてみました。これは、現在の波の安値がどこまで下がるのか?という水準を捉えようとしています。

レジサポラインイメージ4

レジサポラインは意図を持って引く

レジサポラインは、引こうと思えば、どこでも引けてしまいます。ですから、引く時には、何を捉えようとしているのか?さらに、どんな意識があるのか?を自分自身でしっかりと意図を持つことが重要です。

また、意図を持って引いたとしても、他の多くのトレーダーが意識していないところでレジサポラインを引いても、あまり意味がありません。

今、チャートに向かい、どんなシナリオを考え、そのシナリオを描く時に、必要なラインは何が必要なのか?を考えてレジサポラインを引く。すると、”意識をラインでぶつけてくる”という感覚がわかってきます。

ここまでくると、レジサポラインに限らず、高値切り上げラインや安値切り下げラインも大いに活用できるようになるはずです。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。