FXで手に入れた日常だったり、とても大切な本気とは?

TeaCamp

ダウンロードはこちら

”FXに取り組んでいる”その理由を聞かせてください。と、質問されたら、私は、”未来を変えたいから”と答えます。

未来を変えるって、変えたいって、思うこと。そして、それを”口に出してコミット”すること、このようなことに対して、この日本という国では、意外にも”恥ずかしい”かもしれない、とか、”そんなこと言っていいの?”と思ってしまいがちです。

でも、本気で未来を変えたいと思うなら、周りの目とか、環境とか、気にしてしまい、尻込みする必要は全くありません。

むしろ、コミットメントした方が、自分を追い込めるし、何より、周りも応援してくれるはずです。

あの時に思い描いていた未来を・・・

私自身、プロフィールにもありますが、ネットビジネスに取り組み始めた当初は、全く稼げず、なんどもなんども挫折しかけました。

でも、本当に、心の底から未来を変えたいと思っていたし、自分を変えたいと思っていたのは、紛れもない事実です。

やってもやっても結果が出なかった時は、辛かったし、しんどかった。でも、自分の成長だけを信じて、取り組み、ようやく、思い描いていた世界に入ることができました。

おかげさまで、今では、ネットビジネスの醍醐味である、

・時間の自由
・お金の自由
・場所の自由
・人間関係の自由

を手にすることができました。この結果は、私個人の力でどうにかなったわけではなく、お世話になったメンターだったり、ビジネス仲間の存在がとても大きかったと思っています。今では、お付き合いしている人のほぼ全てが、前向きで、真剣にビジネスに取り組んでいる仲間だけです。先日も「京都会」をしたのですが、心から楽しいと思える、そんな最高の1日を送ることができました。

私の一日は

自宅オフィスでビジネスをしていますので、基本的には、家にいます。でも、気分転換に、近くの自然あふれるスポットでお茶をしたり、ワインディングロードを車で走ったりしています。

八ヶ岳の南麓(山梨小淵沢)に住んでいるのですが、自然あふれる豊かな場所でありながら、東京へも2時間程度で行けてしまう、そんな絶好の場所なんです。

【Tea Camp】2回目

Tea Campの2回目を収録してきました。本来のコンセプトは、どこかへ行って、自分でコーヒーを入れて、ぼーっとしながら語るというものですが、今回は、あまりにも暑くて、アイスコーヒーが飲みたかったので、近くのリゾナーレ八ヶ岳で、収録しました。

Tea Campの動画の中でも話をしていますが、0→1が何よりも大変です。大変ですが、逆に言えば、ここさえクリアしてしまうと、あっという間に「10」という結果が出ます。

本気で取り組んでいない人があまりにも多すぎる印象

私は、今まで、数えたことはありませんが、たくさんのビジネス系のコミュニティに所属していたので、たくさんの方と交流を持ってきました。

その中で感じたこと、それは、”本当の本気で取り組んでいない”人が多いという印象です。印象ではなく、多分、そうです。

なぜそう思うか?というと、一番最初に所属したビジネスコミュニティでは、60名以上のメンバーがいましたが、今でも、ビジネスを継続され結果を残している人って、本当に少ないんです。

また、ある時には、”なんでそんなに頑張れるのか?”みたいな質問をコミュニティの仲間からいただいたことさえあります。
本気イメージ

栄光の架け橋

ゆずが発表した栄光の架け橋という曲ですが、この曲を聞いていると、ものすごく共感できるんです。

”なんどもなんども諦めかけた夢の途中”という歌詞があるのですが、まさに、このぐらいの気持ちを込めて取り組まないと、思い描く未来を勝ち取ることはできない。

まして、あなたも私も大人になっている。大人になってしまうと、どうしても、”できないんじゃないか?”とか、”難しいかもしれない・・・”という気持ちが先行してしまう。

この気持ちをグッとこらえて前進するからこそ、未来が変わるのです。(この動画を真剣にみてください。きっと何か感じることができるはずです。YouTubeへリンクされています。)

少しの勇気と少しの行動力

私もそうだったのですが、最初、ビジネスを始めた時って、怖かったです。うまくいくのか?無理ではないのか?と、まだ何もしていないのに、そんな不安が頭をよぎる。

多くの方は、ここで、止まります。でも、本気で何かを変えたい、未来を変えたいと思うなら、行動するべきでしょう。

行動しなければ、失敗する確率は0%ですが、成功する確率も0%です。最初は、少しの勇気と少しの行動でいいんです。まずは、できることから始めましょう。できるはずです。

私の無料メール講座に、登録していただくことが、もしかしたら、あなたにとっての最初の、”小さな勇気”であり、”小さな行動”かもしれません。メール講座でお会いしましょう。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。