【トレード報告】デイトレからスイングにポジションを変えて現在保有中!【EURGBP】

トレード

ダウンロードはこちら

私は、基本的にトレードする場合、スイングトレードです。スイングスタイルだと、チャートから離れることができますし、何より気持ちにゆとりが生まれます。スイングスタイルについては、以下のページをご覧ください。

EURGBPでデイトレ

ユーロポンドの通貨ペアは、相性がいいのか、デイトレではよくこの通貨ペアで勝負します。まず、下図のように、①から③までデイトレをしました。①は、ロングですが、これで50pipsぐらい獲得、そして、②と③は、ショート。②と③合わせて、80pipsぐらい獲得できました。(正確な数字は忘れてしまいました。)

EURGP15分足チャート

この時、2019年8月5日とか6日です。

追撃のショート

上図の④で追撃のショートを打ちました。今まで、①から③までずっとデイトレ目線でエントリーしていたのですが、④のポジションをよく見ると、週足・日足で、最高値付近にいることが分析できたので、④のポジションをデイトレ目線からスイング目線に切り替えました。

2019年9月1日現在、YouTubeでも話をしていますが、ショートポジションを二つ、ロングポジションを一つ持っています。

8月19日週と8月28日週の結果

2週間の結果

デイトレのトレードを数回しましたが、先々週と先週の結果は、ロット数が少ないのに、まあまあのパフォーマンスだと思います。

利益を持っていることで余裕が生まれる

上図の結果をみていただければわかりますが、負けトレードもあります。ありますが、ほぼ、その負けトレードは、戦略的な撤退です。基本は、スイングトレードですので、1回ポジションを持つと、早くても数時間、時には、数週間ポジションを持っていることになります。

ちなみに、現在保有しているEURGBPのショートポジションですが、8月の上旬にエントリーしたものです。YouTubeでは、間違って8月12日にエントリーと言っていますが、たぶん8月6日だと思います。このように、いつエントリーしたのかさえ忘れてしまうほどです。

本当は、しっかりとトレード日誌をつけて、いつエントリーしたのか、どんな根拠でエントリーしたのか、それをまとめておくのがいいのですが、私の性格上、それができません。結構アバウトな感じということですね。それでも現在持っているポジションは、以下のような感じです。

現在のポジション

GBPUSDのポジションのこれから

上にあるポジションのうち、GBPUSDは、マイナスになっています。マイナスになっていますが、底付近でロングしていると思っていますから、これからプラスに転じると分析しているのです。ですが、もっと下がってしまった場合は、ポジションワークをして、微損で撤退しようと思っています。

GBPUSD4時間足チャート

小さいですが、青い印のところでエントリーしています。

スイングトレードを学ぶことで

トレードには、様々なスタイルがあります。様々なスタイルの中でも、やはり一番のオススメはスイングスタイルです。

スイングスタイルのトレードを学ぶことで、デイトレにもその学びは活用できますし、何より、ポジションワークを上手になります。心にゆとりを持ってポジションワークをすることで、戦略的な撤退以外は、ほぼ負けません。

トレードでは、負けないことが何より優先されます。トレードの負けないの中には、”待つ”ことも含まれます。要するに、優位性がより高いところでエントリーするということですから、その優位性がより高い水準に値動きが動くまで待てばいいのです。とはいえ、人ですから、上図のようGBPUSDのように、一足早く、ワンテンポ早くエントリーしてしまうこともあります。それでも、ポジションワークを学んでいれば、大抵、大きな怪我をせず撤退することができるようになります。

負けないことが何より大事

トレードは、そもそも勝てる仕組みになっています。なぜなら、トレーダーのライフスタイルに合わせて、自分でエントリーポイントを決めることができ、決済も自分で決めることができるからです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

そもそもしっかりとFXを学べば、勝てるのですが、チャートの値動きは、心の油断・スキを狙ってくるので、少額の損失なら、すぐに撤退しておくことで、負けを小さくすることができます。そして、負けを小さくしていく過程において、”負けない”ことを心がけるだけで、トレードパフォーマンスは劇的に向上します。

相場に絶対は、ありません。しかしながら、優位性を判断して、その都度、しっかりしたポジションワークを心がければ、仮に負けても微損で済むはずです。逆に、その微損を嫌がってズルズルしているとそれが大きな損失になっていきます。このあたりの感覚は、トレードを学び、実践しながら身につけるしか方法はありません。

年金があてにならない

先日、以下のようなメッセージをいただきました。

将来において、年金生活だけでは先行きが心もとないということです。

今、人生は100年時代と言われています。60歳とか、65歳で定年した後の生活は、30年以上もあるのです。その30年は、現役世代とは違い、体力も相当小さくなり、気力も十分とはいえないでしょう。でも、一旦、トレードの勝つスキルを身につけてしまえば、週に数回程度のトレードをするだけで、それも極力、体力・気力を使わずに、週の利益は10万円程度なら十分に可能です。

年寄りには難しいでしょ?という声が聞こえてきそうですが、痴呆症とかにならない限り、トレードは取り組めるはずです。なぜなら、少しの体力があれば、自転車に乗れるのと同じ理屈だからです。自分の身は自分で守る時代に突入しています。今からでも遅くはありません。FXという世界は、あなたが生きているうちは、絶対になくならないからです。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。