トレンドラインをしっかりと学び、マスターしよう!【実践編】

ライン

ダウンロードはこちら

FXテクニカル分析において、トレンドラインを正確に引くことは、初期の段階でとても重要です。以前にも、トレンドラインの引き方のコツという記事を書きましたが、ここでもう一度振り返り、頭に叩き込みマスターしましょう。

そもそもトレンドラインとは

上昇トレンドラインの場合は、高値と安値が切り上がっている局面で引けるラインです。逆に、下降トレンドラインは、高値と安値が切り下がっている局面に引くラインです。

トレンドライン

トレンドの継続は、明確なシグナルが発生するまで続く

トレンドラインは、明確な転換シグナルが発生するまで継続する。このことを理解しておくことがまず何よりも大事です、詳しくは、ダウ理論の記事でわかりやすく開設しておりますのでご覧ください。

トレンドラインの引き方

チャートの値動きは、一見複雑な値動きを見せます。ですが、値動きを抽象化した”波”で考えるととてもわかりやすいですので、波の抽象化することに慣れることが大切です。

抽象化イメージ

上図は、割と細かめに抽象化していますが、イメージとしては、この程度でいいと思います。FXに取り組み始めた初期の段階では、この抽象化がとても難しいのかもしれませんが、慣れてしまえば、すぐにできるようになります。

トレンドラインのブレイクは

トレンドラインがブレイクしたと判断するのは、上昇トレンドラインなら”ラストの押し安値”をリターンしてから抜ける必要があります。下降トレンドラインの場合は、”ラストの戻り安値”を抜ける必要があります。

ラストの押し安値、戻り高値イメージ

ですから、トレンドラインをブレしくしたからと言って、その値動きが逆行現象だとは言い切れないのです。逆行現象とは、下降のトレンドが続伸しているときに、上昇に値動きが変わることを指しますが、トレーダーは、この逆行現象を捉えることができれば、実に簡単に利益を大きく伸ばすことができるのです。

トレンドラインをしっかりと捉えることで

トレンドラインは、規則性が高いラインとも言えます。なぜなら、上昇トレンドラインなら、安値と高値を切り上げなければなりませんし、下降トレンドラインなら、高値と安値を切り下げる必要があります。規則性があるということです。

規則性があるということは、世界中の多くのトレーダーが同じトレンドラインを引いて、チャートをウォッチしているということです。世界中の多くのトレーダーが、同じチャートをみて、同じラインを引いているなら、そこには、トレーダーの心理が反映されるわけです。その心理を読み解くことが、チャート分析になるのです。

トレーダーの心理を見極めることができれば、例外なく、チャートの値動きの方向感を間違えることはありません。方向感さえ、間違わなければ、負けないトレーダーには、割と簡単になれるということです。トレードにおいて、”負けない”ということは、勝つこと以上に大切なことです。負けないから、勝てるトレーダーになれるのです。

様々な分析方法はあるけど

チャート分析をする上で、様々なインジケーターを使ったり、時には、サインツールを使ったりするのも、悪いとは言いませんが、やはり、ライン分析ができていないとそもそもの方向感やリズム感がつかめません。

方向感やリズム感を掴むための最初の課題が、トレンドラインを正確に引くということなのです。多くのトレーダーがウォッチしているトレンドラインは、甘くみてはいけないのです。

メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。