【勝つための考え方】FXで負けないための思考について

コラム

ダウンロードはこちら

FXに取り組んでいる人は、ほぼ全ての場合で、「勝ちたい」「稼ぎたい」と思っていると思います。もちろん、私もそうです。

しかしながら、FXに取り組まれるおよそ9割以上の方が負けているという事実があります。このことに関しては、私自身が感じている数字ではなく、ネット情報などに書かれている情報ではありますが、あながち間違いではないのかなと思います。

勝つためには何が必要なのか?

勝つために必要な要素は、いくつかありますが、それらを全てミックスして、自分自身の中で昇華させる必要があると思っています。

テクニカル分析

テクニカル分析の学びは欠かせません。FXに限らず、チャートに表現できるモノ(株・先物など)は、全てにおいてテクニカル分析が有効です。

なぜ有効なのか?ということについては別記事でまとめておりますが、ざっくりと一言で言ってしまうと、「力エネルギー」がチャートには効くからです。

さらに言えば、多くのトレーダーが同じチャートを見ているので、大衆心理を読み解くこともできます。

トレードルール

トレードルールを構築することは、FXでのリターンを大きくすることに大いに有効です。自分のトレードを見直して、過去検証を繰り返し行うことで、優位性の高いルールを構築することができます。

トレーダーは、誰一人として同じ環境でトレードを行なっていませんので、オリジナルのトレードルールを作ることが必要になってくるのです。

初期の段階では、トレードルールを構築するのは難しいかもしれません。しかし、少なくとも最低限のルールは作れるはずです。この最低限のルールを初期の段階から守ることができれば、大きな損失(全損含む)を回避することができるようになります。

最低限必要なルールについて

以下のことを愚直に守ってください。多分、これだけで、相当パフォーマンスは上がります。

リスクリワードを1:2以上にする
損切りポイントを必ず設置する
利確ポイントも必ず設置する
適正なロット数

これらのことをしっかりと守る。逆を言えば、これらが守れない時は、エントリーをしないということです。エントリーしないというのがキモで、一つでも守れない時にエントリーしてしまい負けてしまうと、大きな損失に繋がります。

負けないための思考とは?

FXで勝つために大切なことの一つが、その取り組む姿勢です。取り組む姿勢の中には、思考やメンタルも含まれます。

まず、大前提として受け入れる必要があることがあります。それは、トレーダーは、チャート分析評論家ではないということです。これについては、賛否はあるかと思うのですが、持論ですので聞いてください。

世の中には、〜〜評論家という方達がたくさんおられます。おられますが、彼らは、その道の評論家であり、プレイヤーではないのです。例えば、政治評論家は、政治家ではありません。プロ野球評論家は、プロ野球選手ではありません。FXもこれと同じで、テクニカル分析を極めたからと言って、勝てるわけではないのです。

わかりやすい局面で勝負する

FXのチャートは、素人目からすると複雑で、何を示しているのか見当もつかないはずです。しかし、FXに取り組み始めてから、数ヶ月もすると大体の値動きはわかってきます。

さらに、大体の値動きがわかってきたからといって、わかりにくい局面は必ずやってきます。その時の考え方は、わかりにくい局面だから今はトレードをするのを辞めようと考えるのが正しいと思っています。

その逆も当然ながらあるわけで、わかりやすい局面がきた時には勝負していけばいい。要するに、難しい局面はトレードを避け、わかりやすい局面だけトレードをしていれば良いということです。

待つ

チャートを日々ウォッチしていると、感覚値として、月に5〜10回ぐらいしか、そのわかりやすい局面は来ないものです。もちろん、トレードスタイルによりますが、私の推奨するトレードスタイルは、スイングトレードなので、月に5回ぐらい勝負ができれば資金は増えていくのです。

ですので、わかりやすい局面が来るまでひたすら待つ。そして、わかりやすい局面以外は、トレードしない。結局のところ、トレードはエントリーという行為そのものがリスクになっているので、優位性の低いトレードを極力抑えることができれば、リスクも少なくできるだけです。

単利思考で考えず複利思考で考える

私も初期の段階では、目の前の数字に一喜一憂していました。今日は、10万円稼げた!とか、です。もちろん、稼げた事実は大事ですが、単利思考で考えると相当に危険です。

今まで、多くのトレーダーを見てきましたし、知り合いもたくさんいます。その中で、誰一人として、単利思考で考えてトレードを継続させている人は誰もいません。

単利思考は何故いけないのか?

単利思考が悪だと言っているわけではありません。単利思考は、シンプルですし、わかりやすい。例えば、元金100万円を銀行に預けた場合、利息が年1%だとすると、1年後には、101万円になり、2年後には、102万円になります。

では、何がいけないのか?というと、人は、どうしても何かの物差し(期間)で考えてしまいがちです。すると、年間いくら稼ぎたいとか、1ヶ月の利益はどれぐらい欲しいと考えてしまいます。

そうなってくると、1日でどのくらい稼ぎたいという数字が出てきてしまうわけです。仮に、1日に、1万円稼ぎたいという数字が出てきたとしましょう。先にも述べたように、チャートは日々更新されていき、わかりにくいチャート(相場)とわかりやすチャート(相場)が出てきます。そして、圧倒的に、わかりにくいチャートの方が多いのです。

わかりにくいチャート(相場)の時は、トレードをしないようにしましょうと言いました。ですが、1日の目標数字があると、待つことができない、わかりにくいところでも勝負してしまうようになってしまうのです。

結果的に単利で考えるならOK

逆に、1年間のトータルの数字で考えた場合、仮に1年間のトータル利益が100万円だった場合、およそ1ヶ月に83,000円の利益だったね、と振り返るのは構わないと思います。

しかし、毎月、必ず、獲得数字を出していき、そこに向かっていくと、それを達成できない場合の方が多いかもしれないので、無意識に、守らなければならないことをスルーしてしまい、損失を重ねてしまう。

ここまで来てしまうと負の連鎖です。1日、1万円稼ぎたいと思うのはよく理解できます。一般的なビジネスでは、やはり、日々の積み上げは必要ですし、そのように考えて、行動してしまう心理は理解できます。

注:FXの場合、1ヶ月でたったの数回しかトレードできない場合がありますが、逆に、1ヶ月で大きく勝ててしまうケースもあります。

複利思考を身につけよう

先程の例えで、元金100万円を複利で考えてみましょう。年利1%で考えます。すると、1年目は、101万円ですが、2年目は、1,020,100円になります。さらに、10年経つと、100万円が単利では、110万円なのに対して、1,126,000円になります。

これは、1%で計算しているので、数字はとても小さいですが、FXだと月利で20%の運用もできてしまう恐ろしい爆発力を持っています。

豆知識

複利は、アインシュタインが人類最大の発明だと言ったそうです。

「複利は人類による最大の発明だ。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う。(“Compound interest is man’s greatest invention. He who understands it, earns it. He who doesn’t pays it.”)」

アインシュタイン

ビジネスも同じ

この複利の考え方は、ビジネスでも同じです。人は誰もが平等に1日24時間しかありません。従って、大きく収益を伸ばそうとすると、回転数には限界がありますから、サービスの単価をあげるしか方法がありません。

しかしながら、サービスの質を落とさずに、収益を大きく伸ばすためには、複利思考で、人を雇用したり、デジタル商品を販売したりしていくことで解決します。

どのように考えるのか?

まず、単利で考えるのは辞める。そして、複利で考える。

さらに、FXは勝てるものだと強く信じて、わかりやすい局面を待つ。

たったこれだけを実践していただければ、必ず勝てるトレーダーになれます。これができない場合は、相談させてください。というか、学習能力が低いとも考えられますので、自分と向き合う時間を作った方が良いでしょう。

要は、FXは簡単であり、シンプルに勝てる局面だけ狙っていく。そして、トータルで結果を受け入れて行くことが大事だということです。

専業トレーダーはどうしてる?

私の周りでは、専業トレーダーをしている方が多くおられます。彼らに共通しているのは、第一に、しっかりと待っていることです。

さらに、単利と複利を合わせて取り組んでいる場合もあります。これは、説明するのがやや難しいのですが、簡単に言うと、利益の半分は出金し、半分は元本に加えるということです。そうすることで、専業でもほぼ毎月のように、潤沢な資金を出金できますから、精神的にもとても良いと思います。

マインドについて

FXで勝つためには、マインドの強化は欠かせません。が、アスリートのような強固なものは必要としません。わからない局面では勝負を避け、わかりやすい局面だけ勝負をし、トータルで勝てればいいと思うこと。

さらに言えば、FXに全勝を求めてはいけません。全てのトレードで勝つことは、どんなに凄腕のトレーダーでも無理です。何故ならば、相場に絶対はないからです。

上記に、自分のトレードルールを作ろうという話をしましたが、このトレードルールも全勝のルールは作れません。おおよそですが、トレードルールの過去検証における勝率は、7割あればすごい数字です。

ですので、リアルトレードでは、勝率が6割以上あることを目指しましょう。しっかりと約束事を守って、6割の勝率で1年間トータルで考えると恐ろしい利益になっているはずです。

人間力が問われる

特に、FXでは、人としての人間力が問われる局面がきます。やってみないとわからないのですが、自分で決めたルールを守れないような時、最低限の約束事を守れない時は、人としての力が試されていると思ってください。

抽象的ですが、自分のことをコントロールできるのは、自分以外にないのです。ですから、日常生活の中で、修行しろとまでは言いませんが、良い行動を心がけることがとても重要になります。

全ては自己責任ですし、全ては自分のせいです。これらのことについては、メール講座やオンラインカリキュラムで詳しく学ぶことができますので、ぜひ、メール講座にご登録ください。


メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。