• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 【コロナ陽性確認から発症】闘病記!入院から退院してからの後遺症まで語ります。

【コロナ陽性確認から発症】闘病記!入院から退院してからの後遺症まで語ります。

コラム

ダウンロードはこちら

2021年8月18日の朝のことでした。同居している娘が、「熱があるように感じる…」と言い出しました。すぐに体温計を持ってきて、測ったところ「38.7」という数字。

コロナか?と思いましたが、夏風邪ということもあるかもしれないので、解熱剤を飲ませて自室でゆっくりとするようにと言って、休ませました。

我が家は、山梨県小淵沢という地域に住んでいますから、ほぼ密集もないし、移動手段は自家用車ですから、「まさかね」と言いながら笑っていました。

しかし、その夜になっても娘の熱は下がらず、これはおかしいということになり、翌朝、すぐに「北杜市発熱外来受付センター?」に、娘本人が連絡しました。

指示通りに、車で10分ぐらいの場所にある診療所まで行き、簡易検査をしたところ、コロナ陽性。そこから、保健所が電話をくれて、これまた近所の中核病院に行くことになりました。

この病院でPCR検査をしたところ、コロナ陽性が確定したわけです。

すぐに入院を拒否した?

娘曰く、病院ではこのまま入院しても良いですよと言われたらしいのですが、娘は、「コロナって風邪と変わらないじゃん!」ということで、ホテル療養を選択。

今から思えば、ここですぐに入院していれば、よかったのかもしれないです。

保健所から私たち夫婦に、濃厚接触者に当たるので、PCR検査を受けて欲しいと電話がありました。それが8月20日のことです。もうすでに夜だったので、翌日にPCR検査を受けに行ったのですが、土日ということもあり、我が家からはかなり遠い病院まで行きました。

ドライブスルー方式のPCR検査

9時半に病院の駐車場まで行って欲しいということでしたので、家を8時20分ぐらいに出発。夫婦二人で、全く症状はないものの、コロナ陽性になっても無症状の患者さんもいるから俺たちもそうじゃないとか呑気に話をしてました。

病院に到着して、ドライブスルー方式でPCR検査を受けてきました。

PCR検査

PCR検査の結果は陰性

PCR検査の結果は陰性でした。が、保健所からの指示で、二週間は健康観察期間を設けるので、自宅で隔離生活を送ってくださいとのことでした。

私は、FXが本業の自営業ですから問題はありませんが、奥さんは、勤務先があるので、勤務先に、その旨の連絡をしました。

夫婦二人とも陰性ということでしたので、安心はしたのですが、保健所が言うには、発症するまでに潜伏期間があり、二週間は発症する可能性が高いと。

とりあえず、娘が自宅にいますので、娘との共有スペースをしっかりと除菌し、対策をしようと軽く考えていました。

22日の朝、奥さん発熱

22日は、日曜日でした。当日、私は、午前中に個別コンサルがあったので、リモートでコンサルをしていました。

やや、身体が重いという印象があり、背中が痛い。しかし、発熱のだるさというのはなく、普通だなと思っていたところ、奥さんが自室で寝込んでいるとLINEがありました。

正直、これはまずいと思ったのですが、私はそういう感じでもないので、普通に過ごしていたのですが・・・。

22日の午後から発熱

奥さんは寝込んでいましたが、私自身は、まだ発症してない様子でした。ところが、よく考えると、大好きなコーヒーが美味しくないのです。コーヒーを飲んでいるのはわかるんですが、味がしない。

そうこうしているうちに、身体が重たくなってきて、熱を測ったら「37.4」という数字。あ、これは、きたなと思いました。笑

保健所からの電話

健康観察期間中なこともあり、発熱した直後に、保健所から電話がありました。

体調は、どうですか?というものでしたが、発熱していることと、奥さんも寝込んでいることを伝えたところ、すぐに、保健所から、明日(23日)、病院でPCR検査を受けて欲しいと言われました。

娘がPCR検査をして陽性が確認された病院です。

指定された時間14時に行くと、3名ずつパーテーションで区切られた検査室へ入室。人生2回目のPCR検査でした。検査結果が出るまでに、1時間ほど必要とのことでしたので、一旦、帰宅しました。

そして、23日の17時ごろ保健所から「陽性です。」と連絡が入りました。さらに、1時間後ぐらいに、「天野さんは、明日、入院してください。」と電話がありました。

酸素濃度が、私の方が奥さんよりやや低かったので、即入院という流れになったようです。この時点では、奥さんも娘も自宅隔離で、ホテル療養調整中でした。

マジか!コロナ陽性確定!

入院初日の様子

看護師さんの負担は想像以上

入院中のモチベーション

山梨県のコロナ対策チーム(保健所・病院)は、本当に頑張っている!

その後の様子

いわゆる明確な後遺症というものは現時点でないと思います。味覚障害や嗅覚異常はないです。

ただ、倦怠感が強く、集中力がありません。あと、お酒が不味いのです。入院中は、退院したら酒飲むぞと意気込んでいましたが、飲んでも美味しくないし、飲みたいとも思わないです。

何事も経験ですが、やはり、入院とかの経験はない方がいいですね。健康が一番ということです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。