FXのチャートは大衆心理で作られる!大衆心理を理解する方法を解説!

FXについて

ダウンロードはこちら

FXでは、チャートを読み解く力が絶対に必要です。読み解く力は、テクニカル分析を学ぶことで、より強くなります。

テクニカル分析を学ぶ上で、大衆心理を理解する必要があります。ですから、

「FXのチャートは、大衆心理で動くので、大衆心理を理解すれば勝てるようになります。」

プロトレーダーでこのように発信する方は多いですし、私も同感です。

とはいえ、

「大衆心理が大事なのはわかったけど、どうやって理解するのかわからない。」

「チャートを見て、大衆の心理なんて本当に理解できるの?」

この記事を見つけたあなたは、こんな風に思っていませんか?そこで今回は、専業トレーダーの観点から、大衆心理を理解する方法を解説します。

具体的には、

・FXの大衆心理とはなにか?
・チャート上で大衆心理を理解する方法
・相場に反映される人間の心理状態

この順番で解説していきます。

大衆心理を理解するだけで、トレードのパフォーマンス・相場の見方は急激に向上する可能性があります。ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

FXの大衆心理とは?

大衆心理とは、チャート上に反映されるすべてのトレーダーの「心理状態」のことです。

チャートは、つねにトレーダーの「心理」で動いています。FXに限った話ではないですが、人間が動かしていないチャートは存在しません。そのため、熟練のトレーダーであればあるほど、大衆心理を理解し、逆手にとって利益をあげています。

ざっくり例をあげると、FXトレーダーの多くが、「売られ過ぎている」と感じたら当然チャートの動きは上昇です。その時に買い(買いエントリー)を入れた人が、利益をあげます。

大衆心理イメージ

大衆心理があるからFXは稼げる!

大衆心理を理解すれば、FXは勝てる。と言われると

「メンタリストや心理学者じゃないと、人の心理なんてわからないんじゃないか??」

こんな風に思う方もいるでしょう。

ただ、FXで勝つためにメンタリストのようなスキルは必要ありません。チャートに心理が反映されるということは、チャートを分析できる「テクニカル分析」ができれば、十分だからです。

人間の行動パターンは、いつの時代も限られています。限られたパターンで動くからこそ、トレーダーは利益をあげられるのです。

FXは、1998年から個人が参加可能になりました。どんな副業よりも歴史があり、稼ぎ続けられている人がいるのは、人間の心理・行動パターンは変わらないからです。

チャート上で大衆心理を理解する方法

具体的に、チャート上で大衆心理を理解しやすくする方法を解説します。

以下3点です。

1.自分の心理状態を把握する
2.自分以外のトレーダーの売買を考える
3.過去検証を重ねる

1つずつ解説します。

1.自分の心理状態を把握する

大衆心理を理解するために、まず自分の心理状態を把握することが重要です。特に、あなたがまだFXで稼げていないなら、そうするべきでしょう。

理由は、収益化できていないということは、あなたも「大衆」の一員だからです。そして自分の心理状態がわかっていないのに、他人の考えていることなんて、わかるはずがありません。

具体的には、

・エントリーした時
・損切りした時
・利益確定した時

の自分の心理を記録していくと、少しずつ自分の心理が見えてきます。

「こう思ってこういう行動をした」こんな風に自分の気持ちを言語化できれば、他人もこんな風に思うのではないか。というの分かってきます。

2.自分以外のトレーダーの売買を考える

自分のことがわかったら、次は他の人のトレードです。

例えば、

「ここで買ったトレーダーは、どこで利益確定を狙っているか?」

「ここで売った人は、どのゾーンで損切りするか?」

このように、他人がどう考えているか?を考察しながらトレードしていきます。

おすすめなのは、「自分よりも上手なトレーダーはどこで売買するか?」を考えることです。

自分がエントリーしようとしているポイントが、上級者にとっては、利益確定のポイントになるかもしれません。また、自分よりもうまい人だったらどうするか?と考えることで、安易に根拠の少ない場所でエントリーしなくなります。

追いかけるイメージ

3.過去検証を重ねる

過去検証で練習していくのが、結局一番はやいです。面倒ですし、地道な作業ですが、多くのトレーダーがやりたがらないことをやるからこそ、早く上達できます。

リアルチャートでできる思考回数は限られています。過去の相場を利用して、大衆心理を理解しましょう。

実際のチャートから心理を読み解く

さらに具体的に、実際のチャートから大衆心理を読み取っていきます。

「大衆心理を利用して稼いでいる参考例がないとわかりづらい。」

こんな風に思っている方は、参考にしてください。

急騰急落したチャートの心理

実際に、ドル円のチャートを使って急騰急落が起きたときの心理状態を解説します。急騰急落の動きは、よくあるチャートパターンです。

画像の数字ごとに、解説していきます。

ドル円イメージ

①上級トレーダーor大口の買いが入り上昇

②押し目のロングで入る人の買いで上昇

③上昇の5波動が終わり、①で買った人の利益確定が入る。

さらに、高値更新できないローソク足を見て②で買った人も利益確定し下落。ここで、乗り遅れて買いをいれたトレーダーも必ずいます。

④安値をブレイクしたことで、上級者がショートを入れる

⑤遅れて戻り売りをいれる人がいる。

さらに、一旦上昇したことで、③で買った人の含み損が少し減る。そこで、③で買った人の損切り(売り)が入る

⑥戻り売り

その後は、ショート勢の利確(買い)が入り上昇。

という流れです。このように、さまざまなポジションで売買している人の「心理」を考察していきます。

相場に反映される人の心理

大衆心理を理解するうえで、FXと関係のある人間の心理状態を解説します。トレーダーなら必ず経験したことのあるものなので、確認してみてください。

以下3点です。

1.プロスペクト理論
2.認知的不協和
3.アンカリング効果

1つずつ順番に解説します。

1.プロスペクト理論

プロスペクト理論は、不確実な状況下における、人間の意思決定にあらわれる心理です。行動経済学の基礎と言われています。

まだわかりづらいですね。具体例をあげていきます。

プロスペクト理論で有名な質問があります。サクッと心のなかで考えてみてください。

(質問A)
Q.あなたはA・Bどちらを選びますか?
A:何もせずに100万円を受け取る
B:コインを投げて表が出たら200万円受け取れる。裏が出たら何も受け取れない

 

あなたは、Aを選びませんでしたか?

次に、あなたが200万円の借金をしている仮定で、次の質問に答えてみてください。

(質問B)
Q.あなたは1・2どちらを選びますか?
1:何もせずに100万円の借金がなくなり、残りの借金は100万円になる。
2:コインを投げて表がでたら200万円の借金が免除される。裏がでたら何ももらえない。

いかがでしたか?実は、質問AもBも質問の内容はほとんど変わっていません。期待値は同じ100万円です。

しかし、200万円の借金を仮定して、質問Bに進むとほとんどの人は2を選択します。なぜ質問Bだと2を選ぶのか?期待値はAもBも同じ100万円のはずです。

それは、人間が「利益は早く確定させたいが、損失はあまり気にしない」という心理が働くからです。

質問Aでは、利益をすぐ確定させたいのでAを選ぶ。

質問Bでは、損失を放っておけるのでBを選ぶ。という心理状態があります。

これがFXの、利益確定は早くするのに、損切りは遅れてしまう原因です。

2.認知的不協和

認知的不協和とは、自分の気持ちと行動に不一致がうまれると、不協和を抑えようとします。ざっくり簡単にいうと、「自己正当化」に近いです。

例えば、お酒がどうしても辞められないから、お酒は体に良いものだと思いこんで自分の行動を正当化する。こんな状況です。

トレードで置き換えると、

・買った後(買いエントリー)に相場が下落してくると、買いを正当化するために「買いの根拠」を探してしまう。
・トレードルールを改善するのが面倒くさいから、「まだFXを始めて半年だから、負けても仕方ない」こんな風に思い込む。

これは、認知的不協和によるものです。トレードで勝つためには、認知的不協和を乗り越えて、正しい判断をしなければいけません。

3.アンカリング効果

アンカリング効果は、先に与えられた情報を重視してしまう、人間の認知バイアスです。バーゲンセールなどは、アンカリング効果を使っています。

例えば、10万円の服が20%オフで売っていると、2万円も安くなるので、お得に買い物ができる気がしますよね?

人間は、10万円と8万円を比べて安くなったと感じてしまいます。本来であれば、買うかどうかを検討している時は、8万円か0円かを検討するのが正しいはずです。

これはアンカリング効果によるもの。

FXで例えると

5万円の含み損が3万円の含み損に変わったら、2万円得した気分になります。
そこで、すぐに損切りしてしまう。

こういった状況はよくあります。

本来は3万円の損には変わらないので、ローソク足の値動きやチャートの状況を判断して損切りすべきかどうか考えるべきです。事前にみた情報により、正しい判断ができなくなってしまっています。

アンカリング効果イメージ

まとめ:FXは大衆心理を利用して勝つ

FXの大衆心理について解説しました。FXは他のトレーダーの心理を考えることで成績が向上します。いきなりすべて理解するのは、難しいかもしれません。少しずつ、視野を広げて大衆心理を利用して稼げるトレーダーになりましょう。

しつこいですが、チャートというある種の「物差し」は、大衆心理によって形成されています。だからこそ、大衆心理を理解することで、局面局面で正しい判断ができるわけです。もし、その大衆心理がわからないor判別できないと思ったら、エントリーを控えることが大事です。

多くのトレーダーは、反転現象や逆行現象を待ち構えています。多くのトレーダーが、同じアクションを起こすことで、その現象がチャートパターンとして、発動するのです。

この記事の内容をおさらいです。

・チャートは人間の行動パターンでできている
・FXは、大衆心理があるから稼げる
・大衆心理を知る前に、自分の心理を知ろう
・過去検証の積み重ねで大衆心理が理解できる


メール講座

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。